ロゴが企業に与える印象について

新しい事業を立ち上げるに当たって。ロゴマークが必要かどうか疑問に思われる方も多いかもしれません。オリジナルロゴのデザインには費用も手間もかかるので、特に無くてもよいのではないと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ロゴは人の印象に大きな影響を与えるものです。人間の第一印象の80%は視覚から入る情報に関係すると言われ、初めに目に入るロゴマークのイメージが、その企業や商品の第一印象を大きく左右すると言えます。

また、ロゴマークは人の記憶に残る役割もします。例えば、普段の生活の中でも見慣れたロゴマークが入っている商品を無意識のうちに手に取っていることがあります。その企業の事は実際にはよく知らなくても、安心感があるからです。もしロゴマークが付いていなかったら、記憶に残ることもありません。

新しいビジネスを立ち上げる際には、ロゴの重要な役割を知り、企業理念にふさわしいロゴの作成を是非検討していただきたいと思います。このコラムでは、ロゴが企業に与える影響について解説します。

企業のブランディング戦略に有効

ロゴは企業やお店のシンボルです。ロゴマークのデザインには、会社の理念や商品の中身を含めた、会社そのものの存在を多くの人に知らしめる重要な目的があるのです。名刺などのビジネスツールをはじめ、パンフレットなどの販促物やホームページなど、ロゴの利用範囲は非常に広く、会社のシンボルとして長期にわたって使用されます。

マーケティングに関わる方は「ブランディング」という言葉をよく耳にされることがあると思いますが、ブランディングとは、企業や商品などについて、他社と明確に差別化できる個性(イメージ・信頼感・高級感など)を作り上げることを言います。ブランディングに成功すると、独自の顧客を獲得でき、事業を拡大することができます。

このブランディング戦略を行う上で、ロゴは大変有効な武器となります。他社と差別化したい企業イメージを文字や図形で表したロゴを利用することで、消費者によりわかりやすく伝えることが可能になります。

ロゴの広告効果

企業の活動や商品が利用者の獲得に成功して、その需要が増えたとき、ロゴマークは「広告」としての役割を果たすようになります。ロゴが企業のイメージに与える影響力がさらに大きくなり、宣伝効果だけでなく、ブランドの顔となる従業員の意識を高める役割も期待でき、その後のデザイン戦略にも良い影響を与えます。

たとえば世界的に有名なAppleのロゴマークを例に挙げると、世界中の多くの人がリンゴのマークを見ただけで、Apple社の製品であることを認識できます。シンプルなリンゴのマークは、操作が簡単で使いやすいApple社の製品の特徴とイメージが合致しているので、新しい製品が出た時にも、Appleのロゴが付いていれば「無駄な機能がなく使いやすい製品」として認識されます。創業者が亡くなり経営陣が変わっても、ロゴに象徴されるシンプルを極めたデザイン戦略は受け継がれ、さらに洗練されていきます。

Appleの広告にはほとんど文字がなく、ロゴと製品名、製品のビジュアルの印象しか残りません。しかしそこには唯一無二の個性があり、強く記憶に残るものがあります。このように、優れたロゴはブランディング戦略に有効なだけではなく、広告としての機能、さらには経営理念の象徴として次世代に受け継がれ、企業イメージを守る働きをしてくれます。

優れたロゴを作成するためには

ロゴが企業に与える影響と、その重要性についてお話ししましたが、経営戦略に有効に利用できる優れたロゴを作成するためには、どうすればよいのでしょうか。

コストをかけずにロゴを作成するには、デザインソフトを使って自分で作成する方法や、クラウドソーシングのサイトを利用して、安価で作成してもらう方法があります。しかし、プロのデザイナーではない人がデザインを行う場合も多く、クオリティは保証できません。

経営理念やブランドイメージをきちんと表現してくれる優れたロゴの作成をお願いするなら、ロゴ作成会社に依頼するのが最もお勧めです。数多くの企業のロゴをデザインしてきた実績のある会社なら、初めてロゴを作成される方も安心して利用できるのではないでしょうか。

ロゴ作成会社に依頼するメリット

ロゴ作成会社に依頼すると、デザインを担当するのは当然プロのデザイナーになります。プロのデザインと素人のデザインは、まずデザインの基礎知識があるかどうかによって違いが出てきます。

ロゴはあらゆる使用方法を想定して作られなければなりません。モノクロ印刷をした場合や、紙以外のものに印刷した場合にロゴとして認識できるかどうかということが重要です。例えば、コップなどの丸い形状のものに印刷された場合の見え方はどうかということや、タオルなどの目地の荒いものに印刷された場合、きちんと文字が読めるかどうかということです。プロのデザイナーはこのような面を当然意識してロゴを作成するので、素人のデザインとは仕上がりに差が出てきます。

また、ロゴは企業理念やイメージが見た人に伝わるデザインでなければいけないので、プロのデザイナーは受注する際に必ずヒアリングを行い、どのようなコンセプトでデザインをするか明確に意識してロゴを作成してくれます。たくさんの経験があるからこそ、多くの人に同じ意味が伝わるような、訴求力のあるロゴの作成が可能になります。このような点からも、企業のロゴを作成するなら、ロゴ作成会社に依頼をするメリットは大きいと言えます。

まとめ

新しい事業を始める方にとって、優れたロゴの作成は重要な課題です。なぜなら、ロゴは企業に大きな影響を与えるものだからです。

優れたロゴは、企業のブランディング戦略に大きな効果を発揮します。人間の第一印象は視覚でほぼ決まるため、企業理念やブランドイメージを表現したロゴは、他社と差別化した個性を伝えやすく、記憶にも残りやすいという利点があります。

ブランディングの成功によって需要が拡大すると、そのブランドのロゴが入っている商品を目にする機会が増え、視覚効果によって認知度がどんどん高まり、ロゴ自体が広告の役割を果たすようになります。また、ロゴは社外に対して企業のイメージを伝えるためのものというだけでなく、社内で働くスタッフに自社のイメージを受け継ぐものでもあります。ロゴの入った制服を着ることなどによって、その企業の一員である意識を高める役割も果たしてくれるため、ロゴの存在は社内にも良い影響を与えるのです。

優れたロゴを作成するには、クラウドソーシングなどを利用するよりも、ロゴ作成会社に依頼することをお勧めをします。ロゴは長く使い続ける会社の財産となるものなので、企業理念など、きちんとしたコンセプトをデザインに落とし込んでくれるプロのデザイナーに作成をお願いしましょう。

ロゴが企業に与える影響は大きく、うまく利用すればビジネスチャンスにつなげることが可能です。これまで作成したことがなかった方も、是非ご検討ください。

推奨リンク→→ロゴの作成会社
デザインを見てから購入するかを決められるロゴ作成業者のサイトです。